年一回友達と台湾に旅行していたこともあり、もっと中国語でコミュニケーションを取りたいと思い、習いに行きました。現地の高校生と知り合って文通したこともあったのですが、上手く意志疎通ができず自然消滅した苦い経験もあったので。大学生の時に中国語を学んだこともあり、NHKの語学講座で独学で勉強しようと思いましたが、あまり捗らなかったので教本の後ろの方に掲載されている教室に通うことにしました。

大学時代に二年間基本は学んでいたので、抵抗なく勉強することができました。地元の中国語教室のマンツーマンのコースを受けることにしました。マンツーマンだったので、はっきりとしたカリキュラムがなく、自分に合った授業をしてもらえました。それが良かった点でもあり、馴れ合いになってしまうというデメリットにもなってしまいました。

現在は勉強をやめてしまいました。自分にとっては精神的にハードな仕事に転職したのをきっかけに教室に通えなくなり(予習復習する余裕がなくなった)、落ち着いたらまた再開しますと伝えたまま再開できていません。また台湾旅行の際に、ある程度のコミュニケーションが取れるので、完全にマスターしなくてもいいかなと満足してしまったこともあります。

ある程度の負荷をかけないとやる気にならない人は学校に通った方がいいと思います。今はインターネットで世界中の人と繋がることができるので、行動力がある人であれば通わなくてもよいと思います。